枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2019.10.23

簡単にできてひと味違う「金富利チキンカツ」

金富利チキンカツ難しい手順や味付けは一切無し!しっかりした味付けで冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもおすすめの一品です。いつものチキンカツとひと味違う深い味わいをお楽しみください。

つくりかた
  • 【材料/2人分】

    金富利 ‥‥大さじ2
    鶏もも肉 ‥‥1枚(約300g)
    A[酒小さじ1、塩小さじ1/8]
    小麦粉 ‥‥大さじ1
    溶き卵、パン粉 ‥‥適量
    揚げ油 ‥‥適量
    キャベツ、葉物野菜、トマトなど ‥‥適宜

  • ① 鶏もも肉は一口大に切り、厚手のビニール袋に入れる。

  • ② ①に分量の金富利とAを加えてよく揉み込み、空気を抜いて口をねじって10~15分おき、味を染み込ませる。

  • ③  ②のビニールの口をあけ、小麦粉を加えて入れて口をしめてふり、粉を均等にまぶす。

  • ④ 溶き卵、パン粉の順にくぐらせてパン粉をつける。

  • ⑤ 揚げ油を熱し、170~175℃で④を4〜5分揚げる。
    ⑥ キャベツの千切り、野菜を添えて盛り付ける。何もつけずにそのままでお召し上がりください。


    今日のポイント
    ②の行程のビニール袋に鶏もも肉と金富利を入れることが美味しく作るポイント。真空状態にすることで、短時間で味を染み込ませることができます。何もつけずにお召し上がりいただけますが、お好みで練り辛子をそえても美味しいですよ。

鰹ふりかけ

金富利

久右衛門に代々伝わる、秘伝の鰹ふりかけ。

金富利