枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2020.06.23

韓国の辛くて旨い海鮮鍋「メウンタン」

日本でも大人気の韓国料理。今回は、魚の旨味を堪能できるメウンタンをご紹介します。韓国語でメウンは辛い、タンは鍋。つまり「辛い鍋」という名前の料理です。本場では魚のアラでとるだしを、風味がよく、味わい深いあごだしに置き換えて手軽に作れるようアレンジしました。淡白な白身魚と、ピリリと辛いスープの相性が良く、暑い季節におすすめの韓国グルメです。

つくりかた
  • 【材料/2〜3人分】

    久右衛門あごだしパック ‥‥2袋
    水 ‥‥2と1/2カップ(500ml)
    白身魚の切り身 ‥‥2切れ(160g)*写真はタラを使用しています
    大根 ‥‥100g
    白ネギ ‥‥1本
    豆もやし ‥‥1袋(なければ普通のもやし)
    A[おろしにんにく小さじ1、醤油小さじ2、みりん小さじ2、コチュジャン大さじ1]
    ごま油 ‥‥小さじ2
    セリ ‥‥少々(なければ小ねぎなどでも)
    糸唐辛子 ‥‥お好みで適宜

  • ① 大根は皮を厚くむき、2~3mm厚さの半月切りにする。白ネギは薄い斜め切りにする。

  • ② 白身魚は酒(分量外)をまぶしてしばらく置き、キッチンペーパーで水気をふきとる。

  • ③ 鍋に分量の水、久右衛門あごだしパックを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして2分加熱する。だしパックを絞って取り出す。

  • ④ ③の鍋に①の大根、白ネギ、②の白身魚を入れて火にかけ、沸騰したら弱火~中火で5分加熱する。アクを除く。

  • ⑤ Aをボウルに入れ、④のだしを加えて混ぜ溶かす。

  • ⑥ ⑤を鍋に加えて調味し、豆もやしを足し、2~3分加熱して火を止める。
    ⑦ 器によそい、お好みでセリや糸唐辛子を添える。



    今日のポイント
    だしパックを取り出す前に、しっかりと絞って濃い味のだしをとるのがポイントです。

だしパック

久右衛門あごだし

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門あごだし