枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2020.03.24

一度で二度美味しい「牛肉のひつまぶし風」

名古屋の人気の郷土料理、ひつまぶしを牛肉でアレンジ。鰻ではなく牛肉を使用することで、いつでも手軽にお楽しみいただけます。1杯目は牛丼風に、2杯目はだし茶漬けとして。おだしはぜひ熱々をかけてお召し上がりください。

つくりかた
  • 【材料/2人分】

    久右衛門だしパック ‥‥1袋
    水 ‥‥2カップ(400ml)
    牛細切れ肉 ‥‥160g
    A[醤油・砂糖・酒各大さじ1、みりん小さじ1]
    小ねぎ ‥‥2本
    切り海苔、わさび、白いりごま ‥‥各適宜
    温かいご飯 ‥‥茶碗2〜4杯分(お好みの量)

  • ① 鍋に久右衛門だしパック1袋と分量の水を入れ、火にかける。沸騰したら弱火にして2分煮出して火を止める。だしパックを取り出す。
    ② 牛細切れ肉は大きければ一口大に切る。

  • ③ Aを小鍋に入れて熱し、②を加える。

  • ④ 煮汁がなくなるまで煮からめる。
    ⑤ 小ねぎは小口切りにする。

  • ⑥ お茶碗にご飯をよそい、③の牛肉、④の小ねぎをのせて牛丼にしていただく。
    ⑦ 2杯目は同様に具をのせ、切り海苔、白いりごま、わさびを添え、①でとった熱々のだしをかけ、お茶漬け風にしていただく。



    今日のポイント
    ③の行程でしっかりとお肉に照りをつけ、味を染み込ませるのが美味しく作るポイントです。

だしパック

久右衛門だし

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門だし