枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2020.02.10

ふわふわと旬の甘い大根を鍋に降らせて「雪見鍋」

大根をふわふわとした新雪に見立てた雪見鍋。なんとも風流な美しい名前のついたこの鍋は、見た目の美しさだけでなく味も栄養も満点。旬の大根はおろし金を竹製の鬼おろしを使えば粗くおろせて、またひと味違った食感を楽しめます。

つくりかた
  • 【材料/2〜3人分】

    久右衛門あわせだしパック ‥‥2袋
    水 ‥‥2カップ(400ml)
    A[塩小さじ1、薄口醤油大さじ1]
    大根 ‥‥300g(約12cm)
    刺身用サーモン ‥‥200g
    絹ごし豆腐 ‥‥1丁
    小松菜 ‥‥1把
    生揚げ ‥‥1枚
    まいたけ ‥‥1パック
    倖ぽん酢 ‥‥お好みで

  • ① 鍋に久右衛門あわせだしパックと分量の水を入れ、火にかける。沸騰したら弱火にして2分煮出して火を止める。だしパックを取り出して、Aで調味する。

  • ② 小松菜は4~5cm長さに、生揚げは食べやすい大きさに切る。大根は皮をむいてすりおろす。舞茸は小房に分ける。

  • ③ 刺身用サーモンは食べやすい大きさのそぎ切りにする。絹ごし豆腐は3~4cm角に切る。

  • ④ ①に②の大根おろしを水分ごと加える。中火で加熱し、温まったら②、③の具材を加えてさっと煮る。
    ⑤ 大根おろしの入った煮汁ごと取り分けていただく。お好みで倖ぽん酢をかけても。



    今日のポイント
    冬大根のみずみずしい甘みが決め手の「雪見鍋」。大根をおろした時に出てくる水分も鍋の煮汁に使い、冬大根の美味しさを残さず丸ごといただきましょう。大根の甘みが少ない場合は、煮汁にみりん少々をお好みで加えてください。

だしパック

久右衛門あわせだし

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門あわせだし