枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2019.12.18

博多のおせちに欠かせない一品「博多がめ煮」

全国的に呼び名は変われど、広く親しまれ、どんな世代にも人気の家庭料理。一度にたくさん作っておけば日が経つにつれ味が染み込み、より美味しくなります。大勢が集う食卓にも、おせち料理の一品としてもおすすめです。

つくりかた
  • 【材料/4人分】

    久右衛門だしパック(または減塩だしパック) ‥‥1袋
    鶏もも肉 ‥‥300g
    干し椎茸 ‥‥4枚
    人参 ‥‥1本(150g)
    ごぼう ‥‥1本(150g)
    レンコン ‥‥1節(200g)
    こんにゃく ‥‥1枚
    里芋 ‥‥300g(5個)
    水 ‥‥2カップ
    サラダ油 ‥‥大さじ1
    砂糖 ‥‥大さじ2
    B[酒大さじ2、薄口醤油大さじ2]
    みりん ‥‥大さじ2
    きぬさや ‥‥適宜

  • ① 干し椎茸は水に入れ、冷蔵庫でひと晩かけて戻す。

  • ② 鶏もも肉は一口大に切る。干し椎茸は2等分、人参、ごぼう、れんこんは皮をむき、大きめの乱切りにする。

  • ③ こんにゃくは大きめにちぎり、塩もみをして熱湯で2〜3分煮て臭みをぬく。

  • ④ 里芋は皮をむき、大きめの乱切りにして塩もみをし、ぬめりを洗いながす。

  • ⑤ 鍋に久右衛門だしパックと分量の水を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて2分煮出す。
    ⑥ 大きめの鍋にサラダ油を熱し、鶏もも肉を炒め、②の野菜を加えて炒める。⑤のだし、干し椎茸の戻し汁1カップ、砂糖大さじ2を加える。

  • ⑦ 沸騰したらアクを除いて落し蓋をし、途中でアクをこまめにとりながら10分煮る。

  • ⑧ Bと里芋を加えて15分煮て、最後にみりんを加えて5分煮る。
    ⑨ 一度冷まして味を含ませる。器に盛り付け、茹でたきぬさやを飾る。



    今日のポイント
    全国で「筑前煮」と呼ばれて親しまれているこの料理、もともとは福岡県朝倉地方の郷土料理です。博多弁で「沢山、多い」を意味する「がめこむ」に由来し、野菜いっぱいの筑前煮を「がめ煮」と呼ぶようになったそう。筑前煮との決定的な違いは具材の大きさ。「がめ煮」は野菜をちょっと大きめに、鶏肉は骨付きのぶつ切り肉を使用するのが本家本元の食べ方です。

だしパック

久右衛門だし

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門だし