枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2019.09.30

ほっくほくの秋の味覚「むかごご飯」

むかごは山芋の葉の付け根にできる球芽のこと。9月頃からつきはじめ、収穫時期は10〜11月で、食べ頃も収穫時期と同じ今が旬です。少し塩味が効いたむかごご飯のほっくほくの食感は格別です。この時期だけしか出回らない秋だけの味を堪能してください。

つくりかた
  • 【材料/4人分】

    久右衛門かつおだしパック ‥‥1袋
    水 ‥‥2カップ(400ml)
    米 ‥‥2合
    塩 ‥‥小さじ1
    むかご ‥‥1カップ(120g)

  • ①  米は炊く30分前に洗い、ざるにあげておく。
    ②  久右衛門かつおだしパックは分量の水と一緒に鍋に入れ、強火にかける。沸騰したら弱火にして、2分煮出して火を止める。だしパックを取り出す。
    ③  むかごはざるに入れ、流水で洗う。

  • ④  炊飯器の内釜に①の米、②でとっただしを入れ、足りなければ2合の線まで水を足す。分量の塩を加えて混ぜ、むかごをのせたら普通に炊飯する。


    今日のポイント
    むかごは山芋と同じように栄養価がとても高く、さらには日本人に不足しがちな鉄分やカリウム、マグネシウムも豊富に含む三つ星食材です!見つけたらぜひ作ってみてください。

だしパック

久右衛門かつおだし

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門かつおだし