枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2019.07.09

定番おつまみを美味しいご飯に「枝豆とじゃこのカリカリご飯」


枝豆の美味しい季節となりました。定番の塩茹でだけではなく、ご飯の具材としてもおすすめです。カリカリ梅と合わせると食感もよく、彩りも美しく仕上がります。だしが効いたご飯は冷めても美味しいのでおむすびにしても楽しめます。

つくりかた
  • 【材料/4人分】

    久右衛門あごだしパック ‥‥2袋
    水 ‥‥2カップ(400ml)
    米 ‥‥2合
    むき枝豆 ‥‥50g
    カリカリ梅(大) ‥‥2個
    ごま油 ‥‥小さじ1
    ちりめんじゃこ ‥‥大さじ2

  • ①  米は炊く30分前に洗い、ざるにあげておく。

  • ②  だしパックと分量の水を鍋に入れて火にかける。沸騰したら弱火にして2分煮出す。だしパックは取り除く。

  • ③  炊飯器の内釜に①の米、②のだしを入れ、2合の線に足りなければ水を足し、普通に炊飯する。

  • ④  カリカリ梅は種を除き、粗みじん切りにする。
    ⑤  フライパンにごま油、ちりめんじゃこを入れて弱火〜中火にかけ、カリカリになるまで炒める。

  • ⑥  炊き上がった③に、むき枝豆、④の梅、⑤のちりめんじゃこ を加え、ざっくりと混ぜ合わせていただく。


    今日のポイント
    混ぜごはんは食感・味の異なる具材を組み合わせるのが美味しく仕上がるポイントです。3つの味がまとまるのも、だしのきいたご飯あってこそです。

だしパック

久右衛門あごだし

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門あごだし