枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2018.12.04

おせちにもおすすめ「たけのこの土佐煮」

土佐名物である土佐煮は、鰹節を野菜などと煮る料理。鰹節の旨味とたけのこと相性が良く、冷めると味がしみて一層美味しさが増します。おせちの一品、冬の常備菜にもおすすめです。

つくりかた
  • 【材料/2人分】
    久右衛門かつおだし ‥‥1袋
    かつお節削り(ふわっと) ‥‥10g
    たけのこ水煮 ‥‥150g
    水 ‥‥1と1/2カップ(300ml)
    A[醤油大さじ2、酒・みりん各大さじ1、砂糖小さじ1]
    木の芽 ‥‥適宜

  • ① たけのこは穂先と根元に分ける。根元側は1cm幅のいちょう切り、穂先側は1.5〜2cm幅のくし切りにする。

  • ② ①をたっぷりの熱湯でさっと茹で、ざるにあげておく。

  • ③ 鍋に分量の水と久右衛門かつおだしのパックを入れ、火にかける。沸騰したら中火にして2〜3分煮出し、Aと②のたけのこを加えて一煮立ちしたら火を弱め、5分煮る。

  • ④ ふわっとを加えてさらに5分煮る。火を切り一度冷ます。食べる直前に再度温めて盛り付け、木の芽を添える。


    今日のポイント
    煮物は少し冷ますと味が馴染んで美味しくなります。かつお節を加えて煮込んだら、一度冷ますのが重要なポイントです。

だしパック

久右衛門かつおだし

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門かつおだし