枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2018.06.04

さっぱりだけど食べ応え十分「モロッコいんげんの焼きびたし」

馴染深いインゲン豆よりも平たく大きなモロッコいんげん。スジもほとんど無く、柔らかな食感でほのかな甘みが特徴です。炒めても揚げても美味しい旬のモロッコいんげんを、梅雨の時期でも食欲が進むよう、さっぱりとした焼きびたしでご紹介します。

つくりかた
  • 【材料/2人分】
    久右衛門あごだしでとった基本だし ‥‥1と1/2カップ
    モロッコいんげん ‥‥100g
    A[醤油小さじ2、薄口醤油大さじ1、みりん大さじ2、塩ひとつまみ]
    サラダ油 ‥‥適量
    おろし生姜 ‥‥適量

  • ① モロッコいんげんはヘタとスジがあれば除き、斜め3〜4等分に切る。水気がついていたらよく拭き取る。

  • ② バットや保存容器に、分量のあごだし、Aを入れてよく混ぜる。

  • ③ フライパンにサラダ油を熱し、①を弱火でじっくりと焼く。途中、足りなくなればサラダ油を足して焼き、火が通ったものから②に浸して漬けこむ。
    ④ 粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やす。漬け汁ごと器に盛り付け、おろし生姜を添える。


    今日のポイント

    モロッコいんげんを焼く時は、油がはじけやすいので、弱火〜中火でゆっくりと焼きましょう。水気をよく拭き取るのも重要なポイントです。

だしパック

久右衛門あごだし

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門あごだし