久右衛門

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

まいにちの食卓へ

5種類のきのこの旨味溢れる「きのこ鍋」

秋の食材の代名詞ともいえる「きのこ」は種類も豊富。それぞれに食感も味わいも異なり、さまざまな料理に美味しさを添える名脇役です。でも、きのこはカルシウムや食物繊維などの栄養価が高い上、カロリーは低く、旨味成分であるグアニル酸がたっぷり含まれた優秀食材なのです。今回は魅力溢れるきのこが主役。きのこ、あわせだし、鶏肉の旨味が溶け合ったスープの格別な美味しさが楽しめる鍋を、ぜひご堪能ください。

つくりかた
  • 【材料/2人分】
    久右衛門あわせだしパック ‥‥2袋
    水 ‥‥2カップ(800ml)
    鶏手羽元 ‥‥4本
    しめじ ‥‥1/2パック
    えのき ‥‥1/2パック
    まいたけ ‥‥1/2パック
    なめこ ‥‥1/2パック
    エリンギ ‥‥1本
    三つ葉 ‥‥1把
    A[薄口醤油大さじ1、塩小さじ1、酒大さじ2]
    七味 ‥‥適宜

  • ① 土鍋に分量の水、久右衛門あわせだしパックを入れ、火にかけて沸騰したら中火にし、2分煮出す。だしパックを取り出して、火を切る。

  • ② 鶏手羽元は表面のドリップなどを洗い流し、残った水分をペーパータオルでふきとる。

  • ③ ①の土鍋に、②の鶏手羽元を入れる。

  • ④ ③にAの調味料を加えて調味し、中火にかける。

  • ⑤ きのこは全て石づきをとり、食べやすい大きさにほぐす。エリンギは縦に2等分し、薄切りにする。三つ葉はざく切りにする。

  • ⑥ ④の鍋が沸騰したら、⑤のきのこを加える。

  • ⑦ きのこに火が通ったら、三つ葉を加えてさっと火を通す。だしごと取り分け、お好みで七味をふっていただく。



    今日のポイント
    豆腐や、焼いたお餅などを加えてもよく合います。鶏肉以外に牛肉や豚肉の薄切りを加えるのもおすすめです。旨味がたっぷりと溢れ出しただしでつくる締めの雑炊は格別ですので、ぜひつくってみてください。

だしパック

久右衛門あわせだし

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門あわせだし