久右衛門

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

まいにちの食卓へ

本格あごだしもつ鍋

〆まで美味しい、福岡名物の王道もつ鍋

美味しい郷土料理が数多くある福岡で、全国に知られる人気を誇るもつ鍋。王道の醤油味をあごだしを効かせた作り方でご紹介します。もつのぷりぷりした食感がお好みの方は、このレシピのようにもつをキャベツで蓋をして煮込む方法ではなく、下からキャベツ、もつ、ニラの順にのせて加熱すれば、もつがジューシーに美味しく仕上がります。

つくりかた
  • 【材料/3〜4人分】
    久右衛門あごだしパック ‥‥3袋
    水 ‥‥3と1/2カップ(700ml)
    A [醤油・みりん各1/2カップ、酒大さじ3、塩小さじ1]
    キャベツ ‥‥1/2個(600g)
    ニラ ‥‥1把
    豆腐 ‥‥1丁(300g)
    寿司揚げ ‥‥3枚
    にんにく ‥‥1~2かけ
    牛もつ(もつ鍋用) ‥‥400g
    輪切り赤唐辛子 ‥‥1~3g
    ちゃんぽん麺 ‥‥2玉

  • ① 鍋に分量の水、久右衛門あごだしパックを入れて強火にかける。沸騰したら弱火にして2分加熱し、火を切る。だしパックは入れたままにしておく。
    ② 鍋つゆを作る。①にAを加えて2~3分煮て、だしパックを取り出す。

  • ③ キャベツはざく切り、ニラは4~5cm幅に切る。

  • ④ にんにくは薄い輪切りにする。豆腐、寿司揚げは食べやすい大きさに切る。

  • ⑤ 牛もつはボウルに入れて洗い、ざるに上げて水気をきる。

  • ⑥ ②の鍋つゆに牛もつを入れ、③の野菜と、④のにんにく、赤唐辛子の輪切りをお好みの量のせ、強火にかける。

  • ⑦ 野菜に火が通ってきたら、全体を軽く混ぜる。

  • ⑧ ④の豆腐、寿司揚げを入れ、火が通ったら取り分けていただく。

  • ⑨ 食べ進めて具材がなくなったら、ちゃんぽん麺を加え、軽く煮込んでいただく。



    本日のポイント
    レシピでは「もつ鍋用」と表示されている牛もつを使用していますが、牛もつは部位によって味わいが異なりますので、お好みでお選びください。脂たっぷりの「小腸」、さっぱりして歯ごたえのある「シマ腸」、色々な食感が楽しめる「ミックスホルモン」などがあり、混ぜて使うのもおすすめです。牛もつの脂を控えめにした味がお好みの方は、工程⑤で水洗いするのではなく、さっと湯通しして鍋に入れてください。

だしパック

久右衛門あごだし

素材はすべて国産にこだわった
化学調味料・保存料・香料無添加の天然だしパックは、
和食だけでなく様々な料理の基本のだしとしてお使いいただけます。
家庭用はもちろん、贈答用もご用意しております。

久右衛門あごだし