久右衛門

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

まいにちの食卓へ

だし巻き卵の彩りあんかけ

赤、黄、緑の彩りが華やかな、あんかけ料理

だし巻き卵に彩り豊かな和風あんをかけるだけで華やかになり、おもてなしにも使えるひと品に。あんに加える具材は自由に、お好みのものでお試しください。

つくりかた
  • 【材料/2〜3人分】
    久右衛門だしパック ‥‥1袋
    水 ‥‥1と1/2カップ(300ml)
    卵 ‥‥4個
    A [薄口醤油小さじ1、みりん大さじ1]
    ごま油 ‥‥大さじ1
    カニカマ ‥‥1本
    絹さや ‥‥4枚
    三つ葉 ‥‥4本
    白ねぎ ‥‥1/3本
    B [薄口醤油小さじ2、みりん小さじ2、塩少々]
    水溶き片栗粉 [片栗粉大さじ1、水大さじ2]

  • ① 鍋に分量の水、久右衛門だしパックを入れて強火にかける。沸騰したら弱火にして2分加熱し、火を止める。だしパックを取り出す。
    ② ①のだし1/4カップ(50ml)を別にとっておく。
    ③ カニカマは6等分にして細かく裂く。絹さや、三つ葉はカニカマと同じ長さに切る。白ねぎは短めの白髪ねぎにする。

  • ④ ①の鍋のだしを中火にかけ、Bで調味する。③のカニカマを加えてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉を加える。

  • ⑤ 木べらでよく混ぜ、とろみがついたら火を止める。

  • ⑥ ボウルに卵を溶く。

  • ⑦ ⑥に②とAを加えて卵液を作る。

  • ⑧ 玉子焼き器にごま油を敷きながら、⑦を少しずつ加えて焼く。向こう側から手前に向かって巻くを繰り返し、卵液を全て使って、だし巻き卵を焼く。
    ⑨ ⑤のあんを温め、③の絹さやと三つ葉を加えて火を止める。
    ⑩ ⑧のだし巻き卵を器に盛り付け、⑨のあんをたっぷりとかける。白髪ねぎを天盛りにする。



    本日のポイント
    野菜の鮮やかな色と食感を残すため、絹さやと三つ葉は食べる直前に温めたあんに加えて、さっと火を通すのがポイントです。

だしパック

久右衛門だし

素材はすべて国産にこだわった
保存料・香料無添加の万能だしパックは、
和食だけでなく様々な料理の基本のだしとしてお使いいただけます。
家庭用はもちろん、贈答用もご用意しております。

久右衛門だし