久右衛門

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

まいにちの食卓へ

2020.12.15

五色で鮮やか!味わいも豊かな山口名物「瓦そば」

山口県では文字通り瓦に盛り付けて食べられるこの料理。見た目も緑色、茶色、黄色、紅色と鮮やかで美しく食欲をそそります。牛肉も一緒に食べますのでボリュームもたっぷり!少し焦げ目を付けるくらいに焼いた茶そばが香ばしく、甘い錦糸卵にぽん酢の酸味があいまって、箸が止まらない美味しさです。

つくりかた
  • 【材料/2〜3人分】

    久右衛門だしパック ‥‥1袋
    水 ‥‥2カップ(400ml)
    茶そば ‥‥1袋(200g)
    牛薄切り肉 ‥‥150g
    卵 ‥‥2個
    小ねぎ ‥‥6本(40g)
    きざみ海苔 ‥‥適宜
    レモン(輪切り)‥‥2〜3枚
    市販のもみじおろし
    サラダ油 ‥‥大さじ1
    A[酒大さじ2、醤油大さじ4、みりん大さじ2、倖ぽん酢大さじ1]

  • ① 茶そばは袋の表示よりも1分短い時間で茹でる。よく水をきり、サラダ油少々(分量外)をまぶしておく。
    ② 久右衛門だしパックと分量の水を小鍋に入れて熱し、沸騰したら2分弱火で加熱する。だしパックを取り除いておく。

  • ③ 卵は溶きほぐし、塩と砂糖少々(分量外)を入れて混ぜ、薄焼き玉子を作る。まな板に取り出し、端から巻いて千切りにする。

  • ④ 小ねぎは小口切りにする。牛肉は食べやすい大きさに切る。

  • ⑤ 卵を取り出したフライパンにサラダ油少々を足し、強火で牛肉を焼く。塩少々(分量外)をふり、皿にとり出す。

  • ⑥ フライパンを熱し、①を軽くほぐして入れる。

  • ⑦ そのまま動かさずに焼き、麺がカリッと香ばしくなるように炒める。
    ⑧ 全体が温まったら、錦糸卵、牛肉、小ねぎ、きざみ海苔をそれぞれ一列に並べて盛り付ける。レモンの輪切りを飾り、その上にもみじおろしをのせる。
    ⑨ ②のだしが入った鍋にAを入れて温め、つけだれを作る。熱々にしてそば猪口などに入れる。レモン、もみじおろしを加え、具材と茶そばを一緒につけだれにつけていただく。


    今日のポイント
    もみじおろしは、大根と赤唐辛子(軽く水で戻したもの)で、自家製も作れます。大根の皮をむき、十字に切れ目を入れます。そこに赤唐辛子をはさみ込み、そのままおろし金でおろすだけ。ぜひお試しください。

鰹調味料

倖ぽん酢

鰹節専門店ならではの旨味溢れる新感覚ぽん酢。

倖ぽん酢