久右衛門

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

まいにちの食卓へ

2020.10.20

とろ〜りもちもち「蓮根餅のべっこう餡かけ」

蓮根の美味しい季節がやってきました。すりおろした蓮根に海老を混ぜ合わせ、もちもち食感がたまらない蓮根餅に仕立てました。とろりとコクのあるべっこう餡をかければ、冷めても美味しく、お酒のおつまみとしてもおすすめです。お子様にも人気の高いメニューです。

つくりかた
  • 【材料/2人分】
    久右衛門だしパック ‥‥1袋
    水 ‥‥1カップ(200ml)
    蓮根 ‥‥1節(150g)
    片栗粉 ‥‥大さじ1
    海老(ブラックタイガー) ‥‥2尾
    ごま油 ‥‥大さじ1
    A[醤油大さじ1/2、みりん小さじ2]
    水溶き片栗粉[片栗粉小さじ2、水小さじ2]
    三つ葉 ‥‥適量

  • ① 小鍋に久右衛門だしパックと分量の水を入れ、火にかける。沸騰したら弱火にして2分煮出して火を止める。だしパックを取り出す。

  • ② 蓮根は100gはすりおろし、残りは粗みじん切りにしてボウルに入れる。

  • ③ 海老は皮をむいて濃い塩水(塩は分量外)で洗い、小口切りにする。
    ④ ②のボウルに③の海老と分量の片栗粉を加え、よく練り合わせる。小判形に成形する。

  • ⑤ フライパンにごま油を入れて熱し、④を中火〜弱火で両面じっくりと焼く。
    ⑥ べっこう餡を作る。①の小鍋にAを加えて調味する。水溶き片栗粉を混ぜ、木べらでよく混ぜながら中火にかける。とろみがついたら火を止める。
    ⑦ ⑤を器に盛り付け、熱々のべっこう餡をたっぷりとかける。三つ葉を飾る。



    今日のポイント
    餡かけの「あん」を上手につくるポイントは、水溶き片栗粉を混ぜる時に一度火を止め、その後で中火〜弱火にして絶えずかき混ぜて加熱し、煮立ってから約1分は加熱を続けること。餡に艶と透明感が出たら火を止めましょう。

だしパック

久右衛門だしパック

一切の妥協を許さず、選び抜いた 上質素材が味の決め手。

久右衛門だしパック