枕崎産鰹節だし 林久右衛門商店

モバイルメニューボタン
オンラインショップ

日々

日々

まいにちの食卓へ

2019.10.31

ちまきの巻き方

つくりかた
  • ① 竹の皮はたっぷりの水に浸けて戻しておく。ハサミで2等分にし、30cm程度の長さにする。
    ② 竹皮の内側に、サラダ油を塗る。

  • ③ 竹皮を縦に2等分に折り、まな板の上に広げる。
    ④ 手前から約1/3のところを、右側が広めになるよう斜めに折り返す。オレンジの丸印を合わせるように内側に折る。

  • ⑤  合わせた角を右手で持ち、円錐状の袋を作る。
    ⑥  竹皮を左手に持ち、もち米を半量詰める。うずらの卵を入れる。上から残りのもち米を詰める。

  • ⑦ スプーンなどでしっかりと押し付けるようにして詰める。
    ⑧ 円錐形のてっぺんを両手で持つ。

  • ⑨ そのまままな板に、パタンと倒すように置く。
    ⑩ 左右の余った竹皮を寄せる。

  • ⑪ 残った竹皮を内側にたたみ先端を持つ。

  • ⑫ 先端を円錐形のてっぺんに合わせて包む。
    ⑬ ちまきの真ん中あたりをタコ糸で縛る。